Blog&column
ブログ・コラム

自律神経が乱れるとどうなる?

query_builder 2022/04/01
コラム
39
「自律神経の乱れ」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、どのような状態を指すのかいまいちわからないという人が
多いのではないでしょうか。
自律神経は目に見えないので、正常なのか乱れているのか判断するのは難しいと思います。
そこで今回は、自律神経の乱れるとどうなるのか解説していきます。

▼自律神経とは
自律神経は、交感神経と副交感神経からなり、血管や内臓などの働きをコントロールすることで体内環境を正常に保っています。
交感神経は、緊張状態や興奮状態にあるとき、または起きているときに活発になります。
一方副交感神経は、リラックスしているときや寝ているときに活発になります。

▼自律神経が乱れると
先ほど述べたように、自律神経によって体内環境が正常に保たれているので、自律神経が乱れれば当然体内環境も乱れます。
自律神経が乱れると、頭痛やめまい、吐き気、動悸、肩こり、だるさ、手足のしびれ、生理不順、冷え、便秘などの身体的な症状が現れます。
また、不安やイライラ、不眠、集中力や記憶力の低下などの精神的な症状も見られます。
症状には個人差があるのでなかなか気づきにくいですが、放置しているとさらに症状が悪化してしまう可能性があります。
自律神経は身体的なストレスや精神的なストレスで乱れやすいので、身体の不調を感じたら早めに対処しましょう。

▼まとめ
自律神経が乱れると、身体的な症状だけでなく精神的な症状も現れます。
少しでも身体の不調を感じたら、気軽に当院にご相談ください。

NEW

  • オステオパシーとは?

    query_builder 2022/07/01
  • 中高年で筋力を強化するべき理由

    query_builder 2022/06/15
  • 生活習慣病の予防にはバランスのとれた食事が大切

    query_builder 2022/06/01
  • 股関節に痛みが生じる原因について

    query_builder 2022/05/15
  • 肩や腰のコリとは?

    query_builder 2022/05/01

CATEGORY

ARCHIVE